梅雨時期の大雨による災害に備え、鳥栖署は12日、同市の河内ダムで小型のボートなどを使った救助訓練を実施した。ゲリラ豪雨により鳥栖市河内地区の集落が孤立し、住民が取り残されている状況を想定。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加