作品を鑑賞する来場者=鳥栖市社会福祉会館

 病気や事故などで体が不自由な人たちが制作した油絵や生け花、陶芸などを集めた作品展が鳥栖市元町の市社会福祉会館で開かれている。12日まで。

 市身障者福祉協会(小椎尾嘉明(こしおよしあき)会長)の主催で、毎年秋に開いている。28人が趣味やリハビリを兼ねて作ったり、同会館で開かれている講座で学んだりした作品80点を展示。訪れた人たちは「どれも体の不自由さを感じさせないものばかり」と話しながら、熱心に見入っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加