食器などがずらりと並ぶエコ屋「つどい」=伊万里市の仲町観音通り

 市民の家に眠っている生活用品などを販売するエコ屋「つどい」が伊万里市の銀天街(仲町観音通り)に開店した。食器や雑貨など多彩な品物を安価で販売し、資源の再利用とごみ減量を訴える。27日まで。

 環境活動の市民グループ「クリーンの環(わ)」が開き、今年で7回目。リデュース(廃棄物を出さない)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)の3R推進が目的で、まだ使えて捨てるにはもったいない品物を無償で預かり、必要な人に橋渡しする。値段は10円から1000円ほどで、収益金は環境活動に役立てる。吉冨宏美代表(50)は「捨てずに生かす文化づくりに理解を深めてもらえれば」と話す。

 店舗内には活動のパネルも展示している。開店時間は午前10時半~午後4時半。問い合わせは電話080(9100)4097へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加