「原告、被告ともに解決に向かう思いで法廷を指揮している」。民事訴訟について意見を交わした、ある裁判官の言葉が印象に残っている。当たり前のように聞こえるけれど、裁く側の強い信念を感じさせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加