腸管がふさがれる「腸重積症」を起こしやすい遺伝性疾患を持つ佐賀市の男児=当時(12)=が不適切な医療措置で死亡したとして、両親が「休日夜間こども診療所」を運営する同市などに損害賠償を求めた訴訟で、最…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加