豪雨や地震などによる大規模災害の発生を想定した警備訓練が、佐賀署や県警察学校であった。警察署が使えなくなる事態を想定し、情報を集約する災害警備本部を設置し、通信機能を立ち上げる訓練を実施した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加