礼儀礼節を大切にしている福富中剣道部

 福富中剣道部は男子8人、女子6人の14人。師弟同行の熱い精神にあふれる顧問の中村智明教諭と猿本英隆教諭の指導の下、日々の稽古に励んでいます。週2日は少年剣道クラブとの合同練習も行います。

 次の新人戦での目標は、男女ともベスト8以上。主将の辻田勝昇君(2年)は勝つための秘策を「人より練習すること。あいさつやごみ拾いなど日常を大事にしながら常に心を整え、剣道の神様に選ばれるように頑張ること」と話します。感謝の心を持ち、礼儀礼節を大切にしているそうです。

 中村教諭は「結果も大事だが、中身が大切。春の大会、夏の大会につながる試合をしてほしい」と話しています。

(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加