■優れた「霜降り」期待 県和牛改良検討会(会長・和田康彦佐賀大農学部教授)は、県畜産試験場の新たな種雄牛に「藤照」号を選抜した。同試験場の種雄牛の誕生は2年ぶりで、通算8頭目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加