精神障害者の家族や福祉事業所などでつくる「県精神保健福祉連合会」(山口義人会長)の総会が13日、佐賀市のメートプラザであった。精神障害者への偏見や差別をなくし、地域全体で支える活動方針を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加