棚田百選に選ばれた有田町岳の棚田で21日、九州大の留学生が田植えを体験した。アメリカやドイツ、インドネシアなどの出身者約50人が、はだしになって水を張った田に入り、もち米の苗を丁寧に植えていった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加