文化庁が国史跡指定へ前向きな姿勢を見せている国内最古の湿地性貝塚「東名(ひがしみょう)遺跡」(佐賀市金立町)について、佐賀市教育委員会は22日、遺物の展示・保管施設を整備する考えを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加