佐賀県佐賀市三瀬村のマルヤスりんご園が、常温で長期保存が可能なレトルトリンゴの商品化を進めている。廃棄しているリンゴの活用策として佐賀女子短大(同市)の学生が提案したアイデアを採用。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加