“医学部対決”となった佐賀大学学長選で、内外の委員でつくる選考委員会が副学長の宮崎耕治氏(66)を選択したのは、現職の佛淵孝夫氏が進めてきた改革路線の継承を強く求めた結果といえる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加