ICT(情報通信技術)を活用した防災対策をテーマにした講演会が24日午後1時半から、佐賀市のホテルマリターレ創世で開かれる。インターネットサービス大手ヤフーの担当者が最新の取り組みを紹介し、会員制交流サイト(SNS)を活用した市民参加型の防災についても考える。

 ヤフーがアプリなどで展開する天気・災害サービスのマネジャー・田中真司氏が講演。メディアコンサルタント会社「ローカルメディアラボ」(佐賀市)の牛島清豪社長が、SNSやオープンデータを活用した防災の在り方を提言する。県やケーブルテレビ局などの取り組み事例も報告する。

 県内企業や自治体などでつくる県高度情報化推進協議会が主催する。参加は無料だが、事前申し込みが必要。締め切りは18日。問い合わせは県情報・業務改革課、電話0952(25)7086。

このエントリーをはてなブックマークに追加