熱気球世界選手権の競技初日。マーカーを投下するターゲット上空にバルーンを近づけようと、競い合うパイロット=31日朝、小城市芦刈町

 後5:15(ぶんぶんテレビなど)

 今週のサガン鳥栖は、今季リーグ戦の最後の2試合、横浜M、甲府戦を振り返る。特集は、31カ国・地域の105機が参加した熱気球世界選手権。7日間の競技で9フライト31タスクを実施。131万人の来場者があり、競技数、来場者とも佐賀大会史上最多となった。映像も交えて今大会を紹介する。

このエントリーをはてなブックマークに追加