佐賀市役所の支所再編について論議していた審議会(稲田繁生会長)は23日、戸籍事務を現状通り支所で継続し、農政事務機能は各支所に残すことが望ましいとする答申書を秀島敏行市長に提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加