■佐賀市、独自整備も視野 東よか干潟がラムサール条約に登録されたことを受け、佐賀市の秀島敏行市長は25日、観察や観光の拠点となるビジターセンターを市独自で新設することも視野に整備する考えを明らかにし…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加