減少傾向が続いている有明海の二枚貝の再生に向け、佐賀、福岡、長崎、熊本の4県は25日、タイラギなどの浮遊幼生と着底稚貝を一斉調査した。4県による共同調査は初めてで、2017年度まで実施。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加