■センサーで土壌分析し施肥 農林水産分野へのIT技術の導入を目指す国の事業の一環で、土壌分析や肥料の調整機能などを備えた「スマート田植機」の実証実験が22日、嬉野市塩田町のほ場で始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加