「最初は交流に積極的になれんかったね」-。唐津市鎮西町の加唐島で、朝鮮・百済の25代武寧王を通じた日韓交流の中心を担った浦丸護さん(82)は、複雑な心境を吐露した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加