■起請文に武士が重用 670年代、天武天皇の時代に始まったと思われる彦山信仰の御神体は、平安時代の1150年代には神であり仏である権現として認識され、彦山は天台宗、真言宗、浄土宗などの山岳修験の行場…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加