0-0のまま延長突入が迫った後半42分にチーム最年少の22歳、岩渕がW杯初得点を決め、日本をベスト4に導いた。押し気味の展開で得点できていなかっただけに、値千金の一撃となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加