伊万里市立花町の腰岳中腹で「渚窯(なぎさがま)」を開く陶芸家の高木和安さん(70)が26日、カブトガニの焼き物を市に寄贈した。実物とほぼ同じ大きさで、甲羅(前体部)の色もそっくり。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加