■過重労働の現状解説

 過労死問題を考える講演会が18日午前10時半から、佐賀市中の小路の佐賀県弁護士会館で開かれる。過労自殺して労災認定を受けた電通女性社員の遺族代理人の川人(かわひと)博弁護士(東京弁護士会所属)が、過重労働の現状や健康な職場づくりなどを解説する。入場無料。

 川人弁護士は、過労死弁護団全国連絡会議幹事長や厚生労働省の過労死等防止対策推進協議会委員などを務めている。劣悪な条件で働かせる「ブラック企業」や長時間の残業がクローズアップされる一方、なかなか改善が進まない労働問題について、長年携わってきた経験を踏まえながら望ましい対策を話す。

 県弁護士会が市民向けに開き、事前の申し込みは不要。問い合わせは同会、電話0952(24)3411。

このエントリーをはてなブックマークに追加