■谷嶋 鎭子(嬉野市) 大和池坊 つゆの晴れ間のひととき、野趣ゆたかな夏はぜの木かげに心地よいすず風を感じてみました。▽花材=ナツハゼ、キク、ヒメヒマワリ▽花器=陶器(佐賀新聞社玄関に展示しています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加