鳥栖市の市民グループ「原発を考える鳥栖の会」(野中宏樹代表、約20人)は30日、橋本康志市長に対し、市が常設を見送っている放射線量測定器「モニタリングポスト」の取り扱いなど3項目について質問状を出し…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加