■市内唯一マンサード屋根 山口家周辺は梶峰城下の山麓の北面、東西にわたって広がる一帯で若宮八幡宮の参道を中心に、東を「東の原」、西を「西の原」と言い、今日でも「御構内」と称され、現在の通称は「本多久…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加