■現場の多忙化浮き彫り 佐賀県内の教員のうち「過労死ライン」とされる月80時間以上の時間外勤務をしたのは2015年度1012人に上り、全体の約12%を占めることが分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加