佐賀大の佐賀版キャリアデザインで特別講師を務める山口祥義知事=佐賀市の佐賀大

 佐賀大(佐賀市本庄町)の講義「佐賀版キャリアデザイン」で、山口祥義知事が10日、特別講師を務めた。山口知事は地方創生の取り組みをはじめ、子育て支援など県の政策を紹介しながら佐賀の魅力を伝えた。

 佐賀版キャリアデザインは、大卒者の地元での就職や地方創生を担う人材の育成を目的とした「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」の一環。講義は知事をはじめ、県内の企業担当者が務める。

 山口知事は地域の資源を使って、デザイナーと連携した地方創生を進める考えを説明。このほか、子育てしやすい県を目指し、自らの妊婦体験動画も紹介した。最後は、学生と一緒に「佐賀さいこう!」のガッツポーズで締めくくった。

 農学部1年生の中村真子さん(20)=福岡県春日市=は「農業県だと思っていた佐賀の印象が変わった。文化や子育ての取り組みを知って、佐賀での就職もいいかなと感じた」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加