JR鹿児島線と長崎線の架線損傷事故で、最終的な運休本数が特急、普通列車計568本に上り、福岡・佐賀・長崎3県の約17万人に影響したことが12日、分かった。JR九州が明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加