「今、思うこと」と題して幅広いテーマについて語った野田聖子衆院議員=佐賀市のマリトピア

 自民党元総務会長の野田聖子衆院議員が12日、佐賀市内で講演した。政府や自民党が進めようとしている全国農業協同組合連合会(JA全農)に対する改革などに言及、自身が反対した郵政民営化を引き合いに「同じような流れになっており、農協を株式会社化したら農業が良くなると言っているが違うと思う」と異論を唱えた。

 JA全農の改革に関して政府は、農薬や肥料などの資材価格引き下げに向けた組織体制の刷新などの方針を打ち出し、株式会社化も議論の俎上(そじょう)に上っている。

 野田氏は「農地は世襲が建前になっており、精神的、さらにルール上の縛りがあって後継者がおらず、耕作放棄地が増えている。優れた農産物も多く、海外に出せる準備はできているのに農水省は頭が固いのか地産地消を強調している」と指摘。「冷静に考えていくことが重要」と強調した。

 野田氏は全日本不動産政治連盟のセミナーで講演、約250人が聴講した。

このエントリーをはてなブックマークに追加