■シニア世代活用も 木材価格の下落などで林業の担い手不足が深刻化する中、基山町小倉の「城戸生産森林組合」(天本剛組合長理事、100人)がサカキの栽培、販売による再生に乗り出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加