佐賀熱気球パイロット協会(笹川和朗会長)は12日、熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県益城町の小学校を訪れ、子どもたちにバルーンの係留体験をプレゼントした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加