交通遺児に奨学金を贈呈する佐賀善意銀行の蕪竹真吾運営委員長=佐賀新聞社本社

 佐賀善意銀行(中尾清一郎頭取)は12日、交通事故で肉親を亡くした県内の高校生1人に奨学金10万円を贈呈した。生徒は大学進学を目指して勉学に励んでおり、入学準備に活用するという。

 自動車販売の佐賀スバルの初代社長・故前田敏雄氏と二代目社長の故前田英行氏の遺産預託で設立した前田奨学金から支出。贈呈式で善意銀行の蕪竹真吾運営委員長は「今、あなたを支えている人は周囲にたくさんいるはず。ぜひ夢をかなえ、いろんな人を支えられる人になって」と激励の言葉を贈った。

このエントリーをはてなブックマークに追加