ライブラリアンシップ賞の受賞を喜ぶ伊万里市民図書館の職員ら

 Library of the Year(LoY)はNPO知的資源イニシアチブ(IRI)の委員会が中心となり、図書館など全国の知的情報資源に関わる機関に授与する賞です。

 「良い図書館を良いと言う」のコンセプトのもと、これからの図書館のあり方を示唆するような施設を表彰しており、9日にパシフィコ横浜で開かれた「図書館総合展」の中で表彰式がありました。

 本年度新設のライブラリアンシップ賞を、伊万里市民図書館と伊万里市民図書館友の会・図書館フレンズいまりが、鳥取県立図書館とともに受けました。

 20年間にわたり、市民と図書館を運営し、優れたサービスを提供し続けてきたことが評価されました。図書館を生み、育ててきた友の会と行政、図書館を愛し活用してくださったみなさん、そして図書館員、みんなの力が結集してこの賞につながったのです。新たな歴史のスタートです。

=いすの木のもとで 伊万里市民図書館だより=

このエントリーをはてなブックマークに追加