満月がいつもより地球に近づいて大きく見える「スーパームーン」が14日夜起きた。1948年以来68年ぶりとなる距離まで近づき、今年最も小さかった満月に比べて直径が14%、面積は30%ほど大きくなった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加