佐賀県武雄市武雄町の川良(かわら)天満宮の三十六歌仙の絵札が新調された。町内在住で、デザインを学ぶ若手の橋口俊哉さん(18)と、熟達した日展書家の山口耕雲さん(76)が力を合わせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加