フリーゲージトレイン(FGT)の開発遅れという難題に対し、佐賀県を含む関係6者が、追加負担なしでのリレー方式暫定開業という回答を導き、当面の関門を何とかしのいだ形だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加