■理想と現実にギャップ 緑の葉に赤い花が鮮やかな火炎樹の通りに面したハバナの日本大使公邸。革命前は富豪の邸宅だったという白亜の建物で、渡邉優大使らが私たちを迎えてくれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加