■精度を生み出す腕と目 手のひらに載せた直径7センチほどの白磁の香合。ふただけを握って持ち上げると、台の部分も一瞬、吸い上げられるように浮き上がった。 「ふたと台がきちんと重なっているからね」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加