九州新幹線長崎ルートの2022年度暫定開業が決まって一夜明けた30日、フリーゲージトレイン(FGT)の開発遅れをめぐる一連の混乱を見守ってきた沿線の住民からは、さまざまな評価の声が上がった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加