東大は14日、来春入学する地方出身の女子学生らを対象に、マンションの部屋を確保し、家賃補助として月額3万円を最長で2年間支給するなどの支援策を明らかにした。

 教養課程を過ごす駒場キャンパス(東京都目黒区)まで通うのに、自宅から90分以上かかる女子学生も含まれる。募集人員は100人程度を想定し、保護者の所得制限は設けない。マンションは安全性や耐震性が高く、キャンパスから近い物件を選定中という。

 地方での入試説明会で、女子の受験生の保護者から東京での暮らしの安全性を懸念する声が上がっていた。担当者は「女性を支援する姿勢を示すことで、女子高校生らにアピールしたい」と話している。

 東大は女子学生の割合が全体の約20%で一層の受け入れ拡大に取り組んでいる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加