■抱き続ける造形への情熱 小学生の時、焼き物商社を経営する父の故郷でもある三川内(佐世保市)の窯元で見た細工物の造形美に心を揺さぶられた。「きれいだな。こんなものを作ってみたいな」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加