「まさか自分が優勝できるなんて夢にも思わなかった」。混戦となったフルマラソン男子を制したのは、粘りの走りが光った豊永哲央(山口・長府製作所)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加