1万人のランナーが春色の佐賀平野を駆け抜けた「さが桜マラソン2016」。満開の桜並木がコースを彩り、沿道や会場を埋めた約8万人の県民が、心を込めた応援やもてなしでゴールを目指す選手たちを後押しした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加