佐賀市は5日、台湾での販路開拓など2事業(計3780万円)が、国の地方創生関連交付金事業で不採択となり、一般財源で全額補てんする方針を固めた。6月議会に補正予算案を提出する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加