武雄市の武雄小に武雄温泉の楼門をイメージした新しい校門が完成し14日、開通式があった。瓦ぶきに白壁を用いた木づくりで、各所の色合いを国重要文化財の楼門とそろえた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加