佐賀新聞社はアマ将棋の県ナンバーワンを決める「第39期佐賀名人戦」の挑戦手合三番勝負を20日、佐賀市で開きます。

 第38期名人で永世名人の才田信之五段(49)=佐賀市=に、本戦リーグを8勝1敗で制した井元林太郎五段(31)=伊万里市=が挑戦します。

 井元五段は、34期佐賀名人戦で当時11連覇を目指していた才田名人を破り、初の名人位についており、名人位への挑戦はこの時以来、5期ぶりです。一般の方も観戦できます。

 ▽とき 11月20日(日)午後0時30分対局開始

 ▽ところ 旅館あけぼの(佐賀市中の小路)

 ▽立会人 椋露地淳市氏(大会実行委員長)

主催 佐賀新聞社

主管 日本将棋連盟佐賀支部、佐賀名人戦実行委員会

このエントリーをはてなブックマークに追加