子どもたちの健やかな成長を願う県神道青年会の神事=佐賀市の佐賀整肢学園こども発達医療センター

 県内の45歳以下の神主らでつくる県神道青年会が、障害がある子どもの通園施設「佐賀整肢学園こども発達医療センターひよこ教室」で七五三お祝い神事を行った。七五三を迎える23人の成長の節目を祝った。

 施設関係者や保護者、子どもたちを前に神事が粛々と行われた。子どもたちは保護者と一緒に玉串を祭壇に供えた。

 保護者を代表し、平尾郁子さん(38)が「子どもたちの成長への願いを包み込んでくれるような神事だった」と感謝を述べた。

 青年会による神事は今年で31年目。神事後は青年会から子どもたち全員に千歳(ちとせ)飴が贈られた。

このエントリーをはてなブックマークに追加