漁業の後継者を育成する唐津市唐房の県高等水産講習所で11日、第37期生の入所式が行われた。18~49歳の研修生13人が、玄界灘と有明海の水産業発展の担い手となるべく決意を新たにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加